教育課題研究プロジェクト事業
教育課題研究プロジェクト事業

1 研究推進の趣旨

 平成26年度から開始し、本年4年目を迎える研究所の中核となる事業である。
 2年間にわたり研究テーマに沿って研究を進め、その成果を広く行政機関、研究機関、学校現場に提言・提供し、我が国の学校教育の発展・充実に寄与する。

 ○学校経営の在り方や授業改善の方策等に関する本質的な問題点の所在について明らかにし、今後の展望を切り開く。
 ○研究内容・研究成果について、本研究所の年報を通じ、行政機関、研究機関や学校現場に提言・提供する。

2 研究推進の概要

(1)組織
 所員及び都内区市立小・中学校校長、大学教授等の共同研究者で構成する。

(2)研究内容及び主題設定
 学習指導要領の改訂に伴い注目されている授業の在り方について研究を進め、広く提言する。
 平成28・29年度研究テーマ「改めてー授業―を問う」

(3)方法
 平成 28 年度;基礎研究として、主として授業の在り方をめぐる問題点を探った。
 平成 29 年度;前年度の基礎研究を基に、授業の改善策について研究を深める。

(4)回数と場所
 平成28年度;月例会;年間10回、当研究所会議室にて実施した。
 平成29年度;月例会;前年度と同じように実施する予定である。

(5) 成果物等の扱い
 1年次の研究内容は『学校教育研究所年報第61号』に掲載し、2年次の研究内容は『学校教育研究所年報第62号』に掲載する予定である。

2. 小中学教科用図書の受託研究

 ○学校経営に見られる指導課題;アクティブラーニング・チーム学校・IT教育・英語教育
 ○カリキュラムマネジメントの開発、方策等
 ○小中一貫教育の充実に必要とされる条件整備、教育課程の在り方等